お問い合わせ電話番号011-822-8211
home > 木を知るColumn > vol.06 対面式キッチンの間仕切りカウンター

木を知るColumn

vol.06 対面式キッチンの間仕切りカウンター

キッチンとダイニングルームを仕切る間仕切りカウンター

対面式キッチンカウンター

対面式キッチンの便利なスペース、右写真のような、キッチンとダイニングルームを仕切る、間仕切り兼用のカウンター。
料理を配膳する時、盛り付けた皿を一時的に置いたり、食べ終わった皿を片付ける時も、このカウンターは重宝します。 慌ただしい朝の食事も、この間仕切りカウンターの上に、パンやサラダが一旦置かれて、ダイニングテーブルに運ばれていきます。

間仕切りカウンター
対面式キッチンの間仕切りカウンター

便利なスペース

食事が終われば、空いた皿やフォークが「ごちそうさま」の声と共に、間仕切りカウンターの上に置かれます。
カウンターの奥行はわずか20センチほどですが、狭いスペースでありながらも、ダイニングルームとキッチンのモノの移動がスムーズに行われます。
シンクより、高い位置に取り付けた間仕切りカウンターは、洗いモノや家事をする手元を隠す役割もします。

洗いモノを隠す
対面式キッチンの間仕切りカウンター

インテリアとしても上質

間仕切りカウンターは、毎日、家族が使い、触れることも多い場所。目に留まる場所でもあります。 本物の木を使えば、インテリアとしても上質な雰囲気を楽しめます。

インテリアとしても上質
対面式キッチンの間仕切りカウンター

キッチン側からも、リビング・ダイニングからも

キッチン側からも、リビング・ダイニングからも見える場所だからこそ、ちょっとこだわって、 無垢材を取り入れると、ダイニングルームのインテリアとも合わせやすいです。 無垢材の間仕切りカウンターは、 無機質な素材よりインテリア性があり、落ち着いた雰囲気になります。

キッチン側からみても美しい

カウンター材を選ぶには

カウンターだけ無垢材を使いたい場合、一枚板の無垢材を購入して、施工業者さんに、取り付けてもらう方法「施主支給」があります。
注文までの流れは、以下の通りです。

1.プランを立てる・図面など
2.カウンターのサイズを確認する
3.壁に取り付ける場合は、取り付け面を確認しておく
4.お届け方法を確認する
     ・無垢材を購入して、施工業者さんにすべてお任せの場合:未加工材を購入
     ・荒加工までを行い、業者さんが、製作・取り付け行う場合:荒加工材を購入
     ・ある程度加工し、現場で調整、取り付ける場合:半製作オーダー
     ・完成に近い状態まで製作して取り付けだけ現場の場合:フルオーダー
     ※製作してお届けの場合は・・・
     ・断面の仕上げを確認する(耳付・ストレート・テーパーなど)
     ・反り止め/平面の形状と脚形状など(吸付桟・角アール・脚付など)

間仕切りカウンター

反りを防ぐために

無垢材に起こりうる現象、湿度変化による「反り」があります。 反りを防ぐために、吸付桟という技法を用います。天板の裏側に桟を取り付けます。
天板の裏側に桟を取り付けできない場合や、デザイン的に出っ張りをだしたくない場合は、天板内部に、角パイプを内蔵します。

反り止め
ウォールナットのカウンターのオイル塗装

塗装はオイル塗装を

塗装は、大きく分けると、ウレタン塗装とオイル塗装があります。ウレタン塗装は、木の表面を硬化させるので、水分や汚れは木の内部に染み込まないというメリットがありますが、木の調湿は、できません。また、木の質感も失ってしまいます。
オイル塗装は、木の表面に、薄い被膜を作り、汚れを防ぎます。使っているうちに、被膜は薄くなり、水分や汚れが染み込みやすくなりますが、塗装を塗ることで、被膜を作れます。薄い被膜なので、木の調湿や質感は、本来の良さを生かすことができます。 また、汚れや傷は、ウレタン塗装は、修復がむずかしいのですが、オイル塗装なら、サンドペーパーなど身近なもので、自分で修復できます。

(左上の写真は、ウォールナットカウンターのオイル塗装の様子です)
ウォールナットのカウンターのご注文事例

インターネットで施主支給

最後に、インターネットを利用して、施主支給でキッチンカウンターを作る場合、どんなキッチンカウンターができるのか、実際に製作した事例を紹介します。
左の写真が、実際に製作したウォールナットのキッチンカウンターです。右手前が、壁に取り付ける面になり、このカウンターの場合は、壁側のみ端ばみを取り付けています。 天板の裏に、反り止めを4ヶ所取り付け、1か所は、脚の取り付けと兼用にしています。
詳しくは、下記のリンクよりご覧ください。

施主支給で作るキッチンカウンター>>ウォールナットのカウンターのご注文事例
ページの上へもどる前のページへ戻る