お問い合わせ電話番号011-822-8211
home>> Gallery/無垢材のテーブル事例集>> 無垢材2WAYテーブル タモ

無垢材のテーブル事例集 無垢材2WAYテーブル タモ

タモの耳付材を使った2WAYテーブル

NO.TB-TTA006
サイズW1800×D900×H400mm天板厚50mm
素材/グレードタモ総無垢材・厚板・無節Aグレード
天板共木・元末反対に巾合わせ(2枚合わせ接ぎ)・反り止め(吸付桟)。車知栓木裏使い
仕様天板・脚共に天然面付(耳付)・着脱仕様
塗装植物由来原料オイルフィニッシュ
特徴高さを2段階に変えられるよう、脚を着脱できる仕様。寄せ蟻という技法を応用し、釘などを使わずに木だけで取り付けられる。4枚の耳付材を手で磨き、仕上げた脚は、すべて共木。天板は、巾の広いタモの共木を元と末を逆に巾を接ぎ合わせ、木目が途切れることなく、自然味溢れる天板に仕上げた。天板は接着せず、天板裏面の栓で固定。取り外しできる仕様のテーブル。全てタモ無垢材を使用。
詳細と価格NO.TB-TTA006にてお問合せくださいお見積・問合せへ

2WAYテーブル
タモ

TB-TTA006

テーブル右側の4枚の脚を取り付けると、高さ70センチのダイニングテーブルになる2ウェイテーブル。釘や金具に頼らず、寄せ蟻という技法を応用した着脱方法は、シンプルで丈夫です。床に接する脚の下部は、傷防止と完成美を兼ねた木口カバーを取り付けています。

見積依頼
detale
画像をクリックすると拡大表示します

  • 4枚の板脚を取り付けると、高さ70センチのダイニングテーブルになります。取り付ける脚は、上部の出っ張りに特徴があります。この出っ張った部分は、寄せ蟻という技法を応用しており、年月が経っても、ぐらつかず、しっかりと固定できます。

  • ローテーブルとして使う際、脚の床に触れる面に、脚カバーを取り付けています。ひとまわり小さく作っているので、脚カバーは、ほとんど見えません。カバーを付けることにりより、床や畳が傷付きにくくなります。意匠的にも、きれいに見えます。

  • 写真の上が脚、下が脚カバーです。寄せ蟻という技法を応用しています。名前の通り、寄せて取り付けるのですが、釘やビスに頼らず、木と木だけで取り付けられます。ひとつひとつ、手作りなので、番号がふってあります。同じ番号同士を取り付けます。

  • 脚カバーの取り付けは、上部にある出っ張りを、へこみの広い所から入れ、横にスライドさせて取り付けます。釘やビスは使わない、とてもシンプルな構造です。年月が経っても、ぐらつかず、しっかりと固定できます。

  • テーブルの脚を取り付けると、このように、高さ70センチのダイニングテーブルになります。上下の木は、もともと、1本の共木です。木目も色も、外側に見える、耳の表情も同じなので、仕上がりがきれいです。

  • わずかにカーブをしている自然味あふれる耳付の脚です。耳付材は、ひとつひとつ、形が微妙に違うので、手作業で制作しています。
ページの上へもどる前のページへ戻る