お問い合わせ電話番号011-822-8211
home>> Gallery/無垢材のテーブル事例集>> 無垢材リビングテーブル ウォールナット

無垢材のテーブル事例集 無垢材リビングテーブル ウォールナット

ウォールナットの耳付材を使ったリビングテーブル

無垢材リビングテーブル ウォールナット
NO.TB-TWO002
サイズ
素材/グレードウォールナット・総無垢材Bグレード
天板3枚巾接ぎ・反り止め(吸付桟)木裏使い
仕様天然面付(耳付)材・板脚4枚・高さ変更できるジョイント式脚・着脱仕様
塗装植物由来原料オイルフィニッシュ無着色
特徴リビングとダイニングのどちらでも使え、ダイニングテーブルと高さを同じに変更できる2ウェイ仕様のリビングテーブル。
詳細と価格NO.TB-TWO002にてお問合せくださいお見積・問合せへ

リビングテーブル
ウォールナット

TB-TWO002

ウォールナットを使用したリビングテーブル。写真は、製作途中ですが、濃厚な色は、木が持つ本来の色。塗装を施すと、光沢と深みのある色へと変わっていきます。天然面のゆるやかなカーブが、美しい天板は、3枚接ぎ。斜めに組んだ4枚の脚が、シンプルモダンなデザイン。隣室で使うウォールナットダイニングテーブルと並べて使いたいというご要望に応えて、脚の高さを変えられる細工をしています。

見積依頼
detale
画像をクリックすると拡大表示します

無垢材のテーブル

  • 天板の裏側は、2箇所に吸付桟を施し、桟の両端に、脚を斜めに組んでいます。脚は、一段下がった隣室のダイニングテーブルと並べて使えるように、ダイニングテーブルと同じ高さになるように、仕上げています。脚は、10センチほどの部分でひっぱるだけで、取れるようになっています。

無垢材のテーブル

  • 脚は、途中から取り外せる仕様で、リビングテーブルとして単体で使う時は、高さを低くすることができます。上の写真は、脚の一部を取り、低くした状態です。床にくる部分に穴が2箇所あいています。取り外した脚には、出っ張っているところがあります。この出っ張りを穴に合わせると、脚の高さが変わります。

無垢材のテーブル

  • 脚と天板は、吸付桟と同じ工法で、溝に、脚を差し込む仕様。3と書いてある部分が、脚を差し込む溝です。4つの脚は、それぞれ、1本づつ手作業で作っているので、天板と脚には、1、2、3、4、と数字が書かれています。
ページの上へもどる前のページへ戻る